2011年10月11日 (火)

「OVA版 To Heart2adnext」全話観ての感想

というわけで、AT-Xで放送されましたので観てみました。

第1話は、貴明と愛佳の書庫での練習エピソードでしたね。

いや、まさか今になって原作絡みのエピソードを持ってくるとは(まあ、貴明の女性苦手はさすがに無いことになってましたがね)。

しかし、まさに、もーそー、ば・く・は・つっ!!!って感じでしたね。しかも、あのまま貴明と愛佳で最後まで行くのかなあと思っていたら、あんな形で各ヒロインを混ぜてくるとは…面白かったです(^^)。(しかし、優季の「ですよねー」がなにげに不思議な反応で気になりましたね。)

でも、これまでのOVA作品の中では比較的良い出来の話だったと思います。

後、最後の春夏さん・・・やっぱ、最強っす。

第2話は貴明と優季の過去エピソードで来ましたか。でも、すっごく良いテーマだっただけにもう一歩突っ込んで欲しかったですね。特に屋根裏部屋のシーンが物足りなかったです。

最後の階段のシーンは、もし優季が転校していなかったら?というちょっとした想像だったんですかね?

こちらも、これまでのOVA作品の中では比較的良い出来の話だったと思います(まあ、私が優季スキーというのもありますが)。

p.s.ところで、何で今回はさーりゃんスペシャルOPとタマ姉スペシャルEDだったんですかねえ?二人とも人気が高いからとかですかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

「OVA版 To Heart2adplus」全話観ての感想

AT-Xで放送されましたので、観てみました。

第1話は・・・単刀直入で普通にほっとする話ですね。しかし、メイドロボ三姉妹かわいいですなあ。でも、まさに話の内容にスパイスが足りない!おあとがよろしいようでー。

第2話は・・・第1話とは異なり、花梨とファッションショーの2つがけでふくらみのある話になるかと思いきや、結局は・・・せめてファッションショーをやって花梨と絡ませるまでやってほしかったですね。ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

「OVA版 To Heart2ad」全話観ての感想

というわけで、AT-Xで「OVA版 To Heart2ad」が放送されましたので観ました。

うん、良かったですね。

第1話は・・・まさにタマ姉オンステージで非常に楽しめました。話のノリも、ある種「もしもシリーズ」みたいな感じで、これくらいはっちゃけている方が面白いですよね。前作OVAと今作OVAを合わせた中で、一番好きな話ですね。いやあ、でもやっぱりタマ姉可愛いわあ(*^^*)

第2話は・・・由真&優季という珍しいカップリングで来ましたねえ。前作OVAでは優季の出番が全くと言っていいほど(それとも全然?)無かったので、嬉しかったですね。まあ、でも話としては、前作OVAと同様に非常に爽やかなんだけど、やっぱりちょっと物足りない感じで、まあサブストーリーとしてはこんなものかなと言った出来でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

「OVA版 To Heart2」全話観ての感想

AT-Xで全話放送されましたので、早速観ました。

いやあ、画が素晴らしい!音楽もゲーム版そのまんまで非常に大満足でした。(ちょっと使い所がアレ?なところもありましたけど・・・)

第1話は、とりあえずあのタマ姉の妖しい笑みが観れただけで大満足です。ただ、話としては、もうひとふたひねり欲しかったぐらい普通の話でしたね。もっとギャグ回的にはじけるか、逆にちょっと心にジーンと来るような良い話的な方に行くかして欲しかったですね。

第2話は、甘酸っぱい感じが出ていて、雰囲気は良かったんですけど、やっぱりもうちょっと印象に残るような話が良かったですね。そう言う意味では、やっぱり普通の話でした。

第3話は、実は私XRATEDは未プレイでして、さーりゃん&まーりゃんは初見なので、残念ながら原作と絡んでいるところ(カロリーメイトとかそうなのかな?)がわからなくて、楽しさ半減でしたが、全3話中では一番ギャグ回としてはじけていて、印象には残りましたかね。クライマックスの屋上のシーンで、お!ギャグ回と同時に心にジーンと来る良い話も満たしてくれるか?と一瞬思いましたが、後者は残念ながら・・・(^^;;)

まあ、原作に対するなにげないサブエピソードとして考えれば、各話仕上がりとしてこんな感じでも良いんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

アニメ版To Heart2 第13話&全話通しての感想

うーーーーーーーん。個人的にかなり物足りなかったですねえ。

確かに前作「To Heart1」のあかりとほぼ同様な終わり方ですが、前作は志保が盛り上がったのに対してあかりで閉めた訳で、今作はこのみ自身が盛り上がったわけですからねえ。もっと盛り上げても良かったんじゃないですかねえ。

しかし、最後に優季をちゃんと持ってくるとは。律儀ですねえ。一応全キャラ総出演させましたし。

--------------------------------------------------------------------------

で、全話通しての感想ですが・・・まあ、ストーリーの流れとしては、私の予想通りというか、前作を踏襲しているというか、基本的にこのみベースで各キャラ単話を混ぜてきました。

その中で、私が一番もったいないと思ったのは、やはりタマ姉ですかね。タマ姉はもっとベースストーリーに突っ込ませても良かったのではないかと思います。特に第11話であそこまで使ったんだったら、最後まで突っ込ませるべきだったと思います。結局第11話の意義は何もなかったに等しいわけですから。

後は、姫百合姉妹編に三話用いたことも興味深かったですね。これは・・・やっぱり話が書きやすかったんでしょうかね。特に姫百合姉妹編は恋愛ものではないですからね。

うーーーーん、やっぱり最後は物足りなかったかなあ。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

アニメ版To Heart2 第12話感想

キタキタキタキタ、キマシタヨーーーーー!!!

もうゾクゾクしました。待ってましたと言わんばかりの素晴らしい出来です。

原作に忠実に沿いつつ、それをベースにして、見事にこのみの揺れ動く心を存分に表現してくれています。

特に驚いたのが、このみがものすごく魅力的な表情をしていたところですね。決して画はうまくないんだけど、すごく絶妙な表情を魅せるシーンが多くあってすごく良かったです。ピアノのしっとりとした音楽もすごくマッチしていて、もう引き込まれるばかりでした。

展開として見てみると、ファクターとして「ちゃるとよっち」、「姫百合姉妹」、「タマ姉」がありますが、「ちゃるとよっち」は原作通りうまく使われていたのですが、残りの二つは疑問点が残りますね。

「姫百合姉妹」は使い方としては特に問題がないのですが、姫百合姉妹編でのこのみの反応と合っていない気がしました。つまり、姫百合姉妹編であれだけ珊瑚が貴明にべったりしているのをこのみはスルーしていたのに、今話になって突然過敏になるのは極端すぎる気がするわけです。これだったら姫百合姉妹編で伏線として、ちょっとでもこのみの拒否反応を入れておけば良かったのではないかと思います。

また「タマ姉」ですが、これは全然使われ方が軽すぎましたね。前話で一話まるまる使って、あれだけ大がかりに「タマ姉」を取り上げたのに、今話であのたった一シーンしか取り上げられないなんて。これはバランスが悪すぎると思いました。

とまあ、ストーリーとしては文句もあるのですが、最初にも書いたとおり演出面等がすごく良かったので、まあ「ブラボー!」って感じですね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

アニメ版To Heart2 特別編感想

まあ、総集編はどうでも良くて・・・

今回はやはり最後のこのみとタマ姉の語りですかね。非常にうまかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

アニメ版To Heart2 第11話感想

うーん、良い意味でも悪い意味でも独特でしたねえ。

はっきり言って、タマ姉の真意が全く読みとれなかったですね。そう言う意味で非常に興味深いヒキでした。ここからどう話が転ぶのか、それ次第で評価ががらっと変わりますね。つまりは様子見ですか・・・・・・

って、うぇ?次回「特別編」!??あれ、もしかして2クールなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

アニメ版To Heart2 第10話感想

ふーむ、なるほどなるほど。

瑠璃をさらに反発させると、盛り上がりすぎて収集付けられなくなるし、かといって和解させると原作からかなり外れてしまう・・・その結果、ああいう妥協的な反応を瑠璃に取らせたわけですか。まあ、前話であれだけ瑠璃を盛り上げてしまったからには、簡単に和解させるわけにはいかないですかね。

今話はまあ、演出も程々でシンプルな出来でしたね。私はこの辺は好意的に見ています。

今話で興味深かったのは、原作と異なり長瀬らの視点をあらわに加えたこと。ただその視点が全然生かされてなかったのが残念でしたね。結局なんのために入れたのかと。

いよいよ次話からタマ姉が話をかき混ぜ始めますか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

アニメ版To Heart2 第9話感想

あーあ、やっぱりイルファには会えないかあ・・・と思っていたら、マジですか!!

怒濤の三話連続!?いやあ、ほんと良い意味で裏切ってくれますなあ。確かに姫百合姉妹編は唯一恋愛から外れたテーマなので、逆にアニメ版では取り上げやすいテーマではありますよね。

今話はやっぱりペンギンですかねえ。私、この話大好きなんですよ。まあ、時間の関係上さらっと行ってしまいましたが、その辺はしょうがないですかねえ。

後は、作画ですが・・・・・・・・う~~~~。残念です。

p.s.もしかしてみっちゃんにも会えたりしますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)