2018年4月29日 (日)

「リズと青い鳥」を観ての感想(ネタバレバリバリ)

というわけで、「リズと青い鳥」を観てきました。

まあ、タイトルからは何の映画?と思うかもしれませんが、
要は、地上波で放送されたアニメ「響け!ユーフォニアム」の外伝(続編?)
に当たる作品で、所謂大量退部事件における首謀者だったフルートの
傘木希美、そしてオーボエの鎧塚みぞれをメインに新三年生がコンクールを
迎えたときの一エピソードですね。

まあ、基本的に台詞も描写も展開も明示的だったと思いますので、
思い出せる限り展開に沿って感想を書きますと、

まず、冒頭の登校時。まるで刷り込まれたかのように希美の後を
付いて行くだけのみぞれ。もうみぞれの依存度が半端無くなっているのが
良く解りますよね。ここで既に私の胃がキリキリしていくのも分かりますw。

そして、disjoint。

で、二人だけで吹き始めたのが今年の自由曲らしい「リズと青い鳥」という作品。
原作である童話をイメージして作曲されたものらしい。
そして、第三楽章にフルートとオーボエのソロの掛け合いがあるということで
練習し始める。ここで、みぞれが希美から一席空けて座っていたのが非常に
印象的でした。

そして、リズと青い鳥の原作が示されていき、リズと少女それぞれの心情の
解釈が模索されていくと共に、希美とみぞれが互いに対して抱いている想いも
示され始める。

まずは希美がフルートパートのかしましい中で人気者となっていること
に対するみぞれのある種独占欲から来る嫉妬。それを明示するために、新キャラの
後輩梨々花が効果的に使われてましたね。

そして、無事希美とみぞれがそれぞれソロを勝ち取り、第三楽章の練習が始まって
みると、何だかしっくり来ない。

これに関しては久美子と麗奈の唯一の魅せ場と言っても良い、フルートとオーボエの
ソロの掛け合いをイメージした演奏もある訳ですが、まあ麗奈らしいですよね。
でも、そういう意味では久美子と麗奈も互いを特別同士と認め合っている
似たような間柄なんですよね。

また、部活とは別に三年生として進路の話題になり、みぞれは考えもしていなかった
音大進学という道をトレーナーの新山から提示される。

それを知った希美は、ここではまだ理由は明示されてはいませんが、ふと、私も一緒に
行こうかなと不用意に言ってしまい、みぞれをその気にさせてしまう。

それを聞いた優子と夏紀はその危うさに気がついてしまう。むしろ優子にはこれまでの
事件に密接に関わってきた当事者としてもっと早く気がついて欲しかったところです。

あ、ここら辺でお祭りとプールの話が出ますが・・・何故無いの?(血涙)

ここまで来て、希美とみぞれのズレを示すピースが揃って、いよいよみぞれは新山から
ソロに対する姿勢、特にリズと少女の心情についての自分の考えを問われる。

まずは、当初から言っていたように、みぞれは大事なものを手放すリズの気持ちは
分からないと繰り返します。それに対して新山が決定的な問いを投げかけますよね。
じゃあ、少女だったら?と。

そうなんですよね。展開上、明らかにリズ=みぞれ、少女=希美のイメージで
示されてきましたが、逆だって当然考えられるんですよね。
もっと言うと、みぞれが自由な希美を縛っているだけでは無く、希美がみぞれを
依存させて縛り付けているのではないだろうか?と。

それを見事に示したのが、吹っ切れたみぞれの鮮烈な演奏。みぞれは喋り下手なので、
言葉では自分の気持ちを示すことが出来ない。しかし、それを補って余りある程の卓越した
演奏表現力がみぞれには有る。

これによって我々鑑賞者と共に希美も打ちのめされましたね。

そして明かされる希美がみぞれに抱いている音楽プレイヤーとしての嫉妬。本編
含めてこれまで示されてきたように、希美は音楽に対して情熱を持っているからこそ
みぞれのセンスには嫉妬せざるを得ないんですよね。そして同時に新山に誘われ
なかった事も重なりましたよね。まあ、でもこれは希美が昨年のコンクールでは
演奏していないんだから当たり前だと思うんですけどねえ。

そして、希美もみぞれも互いが互いに今抱いている想いを打ち明け、
今のところとりあえずはソロの掛け合いを完璧に仕上げて全国大会を
目指すと言うところに落ち着いて、相変わらずみぞれは希美に付いて行ってますが、
それは希美が寄り道を誘っているだからで、明らかにみぞれは希美に対等になりつつ、
もう少しで横に並びそうな感じを出してましたよね。そして再びjointして、終幕ですね。

まあ、とにかく大がかりなイベントは抜きで、ひたすら部活内の練習風景に
絞って、彼女たちの心情描写にターゲットを絞ってましたよね。
そういう意味であたかも自分もあの中の部員でそこに居るかのような錯覚みたいな
臨場感が有りましたよね。非常に凝っていた劇伴もそれに見事に貢献してました。

どこにでもある部活で織りなされる少女達の思春期まっただ中の青春。
非常に良かったと思います。

後、、、一応元吹奏楽部員としてツッコませて頂くと、公立高校の吹奏楽部で
コントラファゴットとハープ用意するとかハンパじゃないですよねwww。

てか、自由曲で4楽章全部演るの?どういう自由曲構成なのか
全く分かりませんでした。

まあ、とにかくみぞれが終始ヤンデレで(ヲ?w)、私の胃は
キリキリしっ放しでしたw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

劇場版ガールズ&パンツァーを観ての感想

というわけで、劇場版ガールズ&パンツァーを観てきました!

まず、ストーリーは至極単純明快です。

エキシビション→廃校→混合最強チームによる大学選抜戦→勝利そして廃校阻止

この劇場版をやるに当たって、TVシリーズを観てきたファン達が望んでいることは?って考えたときに、まず思いついたのが「これまで戦ってきたキャラ達による混合最強チームを作ろう!」だったんでしょうね。

で、その前提から以下のような思考の流れになったんでしょうね。

(1)混合最強チームを作る。

(2)混合最強チームを作ったなら、まずそのチームが戦う目的、そして相手が必要だな。チームが戦う目的と言えば、TVシリーズでは、廃校阻止のために戦ってきたわけだから、そうだ、やっぱり優勝しても、あれは口約束だったから廃校決定されてしまうことにしよう。そして、その廃校決定を覆すために、戦うことにしよう。じゃあ、戦う相手はどうしようか?混合最強チームは、いわば全国中の高校から集まってきた最強チーム、つまり高校選抜なんだから、じゃあ、相手は大学選抜にしよう。

(3)そうだ。そこで、新たな戦車道流派があったとして、その流派と西住流の因縁の戦いも重ねれば、ドラマはより盛り上がるだろう。

(4)で、後は、いきなり混合最強チームを作るというのも唐突すぎるから、冒頭で優勝記念エキシビションとして、大洗+知波単vsプラウダ+聖グロリアーナの混合対抗戦を入れよう。

とまあ、こんな感じだったんでしょうね。

で、後はもう30輌vs30輌の大お祭り状態の大乱戦です。

そして、クライマックスは、西住流の代表、つまりみほ&まほと、島田流の代表、島田愛里寿の2対1で、みほ&まほの素晴らしいコンビネーションで物語を最高潮に盛り上げてくれました。やっぱりこの2人は一番通じ合っている最強のコンビなんですよ。

とまあ、こんな感じで、非常にわかりやすく、盛り上がり、ドラマもちゃんと用意されている、まさにファンにはたまらない内容に仕上がっておりますので、ガルパンファンの方は絶対に観ることをお勧めします!

そして、結論は、やっぱり「カーボン装甲は無敵!」ですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

劇場版「デート・ア・ライブ」の感想

というわけで、劇場版「デート・ア・ライブ」を観てきました。

うん、すっごく良かったです。

話のメインとしては、これまでに封印してきた精霊達との再デートなわけですが、やはりこれまでの封印目的のデートではなくて、好感度が最高状態でのデートなので、観ていてすごくワクワクしましたね。特に、ちゃんと四糸乃の出番が用意されていたのが良かったですね。四糸乃はテレビ版二期では全くと言って良いほど出番が無かったですからね。

そして、クライマックスは万由里とのやりとりな訳ですが、これがまた切なかったですね。思わずホロリと。
ただ、劇場版だからどうしても駆け足になってしまっており、欲を言えば、士道と万由里の気持ちを盛り上げるためのエピソードを何か一つ用意してくれてればなあと。
後、やはり万由里が救済されなかったことは、本当に寂しかったですね。まあ、本編に加えることが難しいので、この劇場版だけのキャラになってしまうのはしょうがないのかもしれませんが。
駆け足という意味では、この万由里エピソードは、半クールぐらいでじっくり観たかったかもという気持ちもありますね。まあ、劇場版の内容は内容でキッチリまとまってはいますが。

後、ちょっとビックリしたのが、折紙の出番がかなり少なかったこと。まあ、確かにこの劇場版は精霊メインだからというのはわかりますが、やはり折紙はメインキャラなんですから、もっと出番があっても良かったかと。逆に真那の出番が有りすぎた感じも。

しかし、士織をはじめとして、ほぼ全てのキャラを登場させる、劇場版ならではのお祭り状態で、且つ戦闘シーンもふんだんに魅せつけてくれて、もう大満足でした。

いや、本当に楽しめました。ありがとうございました。

p.s.そういえば、折紙が着けてたペンダントが、夕弦が買って貰ったやつに似ている感じでしたけど、何か意味があるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」を観ての感想

というわけで、「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」を観てきました。

なるほど、「スクールアイドルとは?」ですか。
確かにこの作品の原理とも言えるこのテーマは実はまだ扱われてなかったんですね。

スクールアイドルとしての活動は、文字通り学校に通っている限られた時間においてのもの。だからこそ、その限られた時間の中で輝くことにこそ真の意義がある。

これまで、廃校の危機の回避、ラブライブ出場、そしてラブライブ優勝にガムシャラに向かっていたμ’sが目標を達成したと同時にスクールアイドルとしての岐路に立ち、その問いに向かい合ったからこそ、その真理を得たわけですね。

そして、自分たちはμ’sとしての活動は辞めるけど、その真理を他のスクールアイドル、そして次代のスクールアイドルへ伝えることによって、もっとスクールアイドルがより輝ける世界を目指せるように、あのライブを企画したわけですね。

そこに行き着くまでへの布石として、前半部に海外ライブ、後半部にμ’sの進退の二部構成にしたわけですね。

そして、この劇場版のキーを握るのが、やはりあの女性シンガーなわけですが、結局彼女は何者だったのでしょうか?非常に気になりましたね。しかし、「As time goes by」とは、なかなか洒落てましたね。まさにピッタリ。

でも、これでμ’sともお別れなんですね。やはり、ここは記念にブルーレイを買って、思い出として残したいと思います。

ありがとうございました。

p.s.ところで、英語のシーンがいくつかありましたが、字幕は何で付けなかったんですかねえ?まあ、理由はいくらでも考えようと思えば考えられますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

「駒ひびき」第2巻の感想

駒ひびきの第2巻を読みました。

うーん、確かに面白いんですけど、やっぱり将棋の展開が解りづらい。
巻末で内容を棋譜で説明してくれてはいるんですけど、やっぱり物語の中でもう少し丁寧に説明してもらって、納得したいですねえ。
それの方が物語の中により入り込みやすいというか。

後、キャラクターの設定やドラマ性もなかなかに作り込まれていて、良いですね。
特に、格言的な一言一言が印象に強く残りますね。個人的には、「何歳になっても一手指す度に強くなる」なんか、すごく印象的でしたね。

p.s.なるほど、パックマン戦法ですか。確かにこれは驚きますね。ただ、第4図の4二銀がひっくり返っているのが残念でしたね。誤植ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

「シノハユ」第3巻の感想

シノハユ第3巻を読みました。

いよいよ、はやり編ですね。
しかも、ここぞとばかりに重いストーリーを持ってきましたね。
まあ、確かにはやりが麻雀アイドルを目指している、とても説得力のある理由付けになりましたかね。

そして、いよいよ麻雀大会再戦。
でも、なんで新キャラ悠彗を決勝に残さなかったんですかねえ?
せっかく悠彗編を用意したのに、どういう意図が?
それとも次巻以降も悠彗編を続けて、悠彗の視点から見た決勝戦を展開させるんでしょうか?

しかし、麻雀シーンがちょっとしかないwww。
これはさすがに物足りないですよね。
次巻以降の決勝戦で麻雀シーンを盛り上げてくれることを期待しております。

p.s.あの神奈川の小2って、やっぱり三尋木プロなんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

「ひだまりスケッチ」第8巻の感想

というわけで、遅ればせながら「ひだまりスケッチ」8巻を読みました。

いよいよ、沙英さんヒロさん卒業ですね。

すごくすーごく受験が終わってから卒業までを丁寧に描いてくれましたね。おそらく、作者である、うめ先生も彼女たちから離れるのがつらくて、なかなか卒業させてあげられなかったんでしょうね。

とにかくみんなの中で温かいところ、寂しいところ、すごい色々な感情が複雑に混じっていて、読んでいる私も、それにつられて、心が温かくなったり、ジーンとしたり、ウルっときたりしてしまいました。

そのように感じることが出来ることこそが、私がこれまでこの作品を読んできて、いつのまにか私もひだまり荘の一員になっていたんだな、と感じました。

そして、今度は新キャラの茉里ですね。
しかし、乃莉やなずなもそうでしたけど、本当にうめ先生は既存のキャラとかぶらないキャラをうまく作りますよねえ。

茉里は、物怖じしないハキハキした、割と今時の女子高生ですよね。しかも、ちょっとレズっ気があるという(笑)。

彼女が新加入したことによって、今度のひだまり荘はどんな色に染まっていくのかとても楽しみですね。

ただ・・・一つだけ気になるのが、今度の新入生は茉里1人だけなんですね。この同学年に1人だけというのは、正直メリットが思いつかないんですが、うめ先生はどういう狙いがあったんでしょうか。正直、個人的にはあまり得策ではないんじゃないかなあと思ってます。

まあ、これからもちょくちょく沙英やヒロも顔を出してくれそうですし、今後も楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

「シノハユ」第2巻の感想

「シノハユ」第2巻読みました。

1巻を読み終えた時点では、このまま慕にスポットライトを当てて、間接的にはやりを描写していくのかとも思っていたのですが、なんと今度は閑無にスポットライトを当てましたか。そして、今度ははやりに直接スポットライトを当てるみたいですね。

しかも、その描写があまりにもじっくりと丁寧でびっくりしました。ここまでページ数を費やして描写するものかと。逆に言うと、あまりにもページ数を費やしすぎていて、読むのに少し退屈感があったのも否めませんね。正直、今巻のドラマはちょっとありきたりなところもありましたしね。

1巻の感想でも書きましたが、麻雀部分はあくまでオーソドックスで、ドラマの方を表に出してきている作品なので、麻雀自身を堪能したい方には物足りない作品ではあるかと思います。

でも、私はこういうドラマも嫌いではないので、今後どう盛り上げていくのか、次巻以降も楽しみにしていたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

「駒ひびき」第1巻の感想

最近はアニメ鑑賞三昧で、全然新作マンガには手を出していなかったんですが、久々に書店で目を引く作品がありました。それがタイトルにもある「駒ひびき」という作品です。

正直可愛い女の子が将棋を指すっていう設定で、「咲」の二番煎じかなあという印象はあったのですが、一応購入して読んでみました。

感想としては、とりあえず「ふ~ん」といったところです。まず、一番の大きな違いとしては「咲」が取り扱っている麻雀というゲームは、4人の対局者の打ち筋も絡まりつつ、注目させたいキャラの打ち筋を比較的に明瞭に表現できて且つ読者にインパクト与えることが出来ると思うんです。それに対して、この作品で扱っている将棋というゲームは確かに相手の打ち筋を絡ませますが、やっぱりどうしても打ち筋を明瞭にし辛く、そのためどうしても読者にインパクトを与えづらくなってしまうと思うんです。

そこで、この作品では将棋の内容は本編中では詳しく触れず、雰囲気でインパクトを与えようとしているわけです。そして、実際の将棋の内容については巻末で詳しく説明しているわけですね。私はこの体裁でも構わないとは思うのですが、どうせなら思い切って1局に数十ページを割いて、詳しく局面を説明しながら(漫画の中のギャラリーに語らせながら)じっくりと表現するというやり方もあったのではないかと思います。まあ、こればっかりはどっちが良いかは難しいところではありますね。将棋というゲームをあくまで作品の主体に置くか、それともツールとして使うか、で変わってきますからね。

でも、それにしてもこの作品では将棋の内容には本編中では詳しく触れていないために、展開が速くなりすぎている気がします。そういう意味でも、もうちょっと将棋の内容の説明を入れてスローペースにしても良かったのではないかと思います。

とりあえず、第1巻ということで、今後どうなるかは一応興味はありますので、次巻以降も購入してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

「サクラ大戦漫画版 第二部」第5巻の感想

やっとこ出ましたねえ。で、感想です。

いよいよ、話も佳境ですねえ。あやめはこういう風に扱ってきましたかあ。これでも悪くはないんですが、私はやっぱりゲーム版の「撃つか撃たないか」葛藤するイベントの方が好きですね。

しかし、いよいよクライマックスだというのに、次巻が2015年夏予定ってどういうことですか!?

しかも、単行本書き下ろしという形になるなんて。もうここまできたら途中打ち切りにできないのはわかりますが、ちょっといくらなんでもあんまりな状況ではありませんか?

でも、私はやっぱりこの作品のファンですので、かなり先にはなりますが待っていたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧