« 「シノハユ」第3巻の感想 | トップページ | 「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」を観ての感想 »

2015年6月18日 (木)

「駒ひびき」第2巻の感想

駒ひびきの第2巻を読みました。

うーん、確かに面白いんですけど、やっぱり将棋の展開が解りづらい。
巻末で内容を棋譜で説明してくれてはいるんですけど、やっぱり物語の中でもう少し丁寧に説明してもらって、納得したいですねえ。
それの方が物語の中により入り込みやすいというか。

後、キャラクターの設定やドラマ性もなかなかに作り込まれていて、良いですね。
特に、格言的な一言一言が印象に強く残りますね。個人的には、「何歳になっても一手指す度に強くなる」なんか、すごく印象的でしたね。

p.s.なるほど、パックマン戦法ですか。確かにこれは驚きますね。ただ、第4図の4二銀がひっくり返っているのが残念でしたね。誤植ですね。

|

« 「シノハユ」第3巻の感想 | トップページ | 「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」を観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「駒ひびき」第2巻の感想:

« 「シノハユ」第3巻の感想 | トップページ | 「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」を観ての感想 »