« 「駒ひびき」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第8巻の感想 »

2014年10月 5日 (日)

「シノハユ」第2巻の感想

「シノハユ」第2巻読みました。

1巻を読み終えた時点では、このまま慕にスポットライトを当てて、間接的にはやりを描写していくのかとも思っていたのですが、なんと今度は閑無にスポットライトを当てましたか。そして、今度ははやりに直接スポットライトを当てるみたいですね。

しかも、その描写があまりにもじっくりと丁寧でびっくりしました。ここまでページ数を費やして描写するものかと。逆に言うと、あまりにもページ数を費やしすぎていて、読むのに少し退屈感があったのも否めませんね。正直、今巻のドラマはちょっとありきたりなところもありましたしね。

1巻の感想でも書きましたが、麻雀部分はあくまでオーソドックスで、ドラマの方を表に出してきている作品なので、麻雀自身を堪能したい方には物足りない作品ではあるかと思います。

でも、私はこういうドラマも嫌いではないので、今後どう盛り上げていくのか、次巻以降も楽しみにしていたいと思います。

|

« 「駒ひびき」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第8巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シノハユ」第2巻の感想:

« 「駒ひびき」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第8巻の感想 »