« 第8回(2013年度)声優アワードの予想 | トップページ | アニメ版「リトルバスターズ!」全話観ての感想 »

2013年9月21日 (土)

アニメ版「THE IDOLM@STER」の感想

AT-Xでアニメ版「THE IDOLM@STER」全話観ましたので、感想でも。

うん、久しぶりに良作に出会えたと思います。

2クールをきれいに分けていて、前半クールはアイドル駆け出しから1stライブ成功によってスターになるまで、そして後半クールをスターになってから多忙になった生活に焦点を当てていましたね。

前半クールは、普通に良かったと思います。

ただ、後半クールは気に入らない点が二点有ります。
一つは、「黒井社長の存在」、もう一つは「プロデューサーの怪我」です。

黒井社長の妨害は後半クールでかなり時間を割いてましたが、個人的には必要な話には思えませんでした。まあ、ありがちな話といえばそうですが、一連の話で果たして意味のある内容だったかと考えるとやはり疑問です。

もう一つのプロデューサーの怪我も果たして必要な要素だったかと考えると疑問です。春香をもっと追い込むのだとしたら、まだわかるのですが(でもやっぱり、追い込むために安易に事故とか起こすのって個人的に好きじゃないんですよね、古くではKanonの秋子さんの事故とか)、結局春香をそこまで追い込んではなかったですよね。そして、結局2ndライブには無事にたどり着くわけですから、結局プロデューサーを怪我させたのって一体??って感じなんですよね。

というわけで、個人的には

駆け出しから1stライブ成功->生っすかサンデー等小話数話->千早の危機編->春香+2ndライブ編

ぐらいで全20話ぐらいでまとめてもらえたら、よりスッキリとなったのではないかと思います。

まあ、でも素直に面白い作品だと思いますので、未見の方は是非ご覧になってください。

映画も見に行くぞー!オー!!

|

« 第8回(2013年度)声優アワードの予想 | トップページ | アニメ版「リトルバスターズ!」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「THE IDOLM@STER」の感想:

« 第8回(2013年度)声優アワードの予想 | トップページ | アニメ版「リトルバスターズ!」全話観ての感想 »