« 「咲」第9巻の感想 | トップページ | 第8回(2013年度)声優アワードの予想 »

2012年8月 1日 (水)

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」を観ての感想

というわけで、観てきました。

まあ、なかなかうまくまとめていたと思います。

私がこのA'sという作品で一番好きなのは防衛プログラムフルボッコ大作戦のところなのですが、TVアニメ版ではそこのシーンがかなり画が崩れていたので、そこがこの劇場版でどうなっているか楽しみにしていたのですが……確かに画は良くなっていたのですが、何か微妙に演出が変わっていてその辺はちょっと残念でしたね。演出自体は、あのTVアニメ版のまま一人一人が順々に超必殺技を出していく方が燃えると思うんですがねえ。

後、個人的に残念だったのが、冒頭のなのはとヴィータの戦闘でフェイトが乱入してくるところが変えられていたところですね。あのシーンは、「名前を呼んで」のセリフにうまくかかっていたところなので、この変更はちょっといただけなかったですね。

まあ、でもクライマックスであるフェイトの夢からリインフォースとの別れまでの一連のシーンは、おおむね忠実に再現していたので、その辺は良かったと思います。

さて、こうなると後はStrikersなんですが……やっぱ2~3時間じゃ無理ですよねえ…。

|

« 「咲」第9巻の感想 | トップページ | 第8回(2013年度)声優アワードの予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」を観ての感想:

« 「咲」第9巻の感想 | トップページ | 第8回(2013年度)声優アワードの予想 »