« アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 | トップページ | 「咲」第9巻の感想 »

2012年4月11日 (水)

アニメ版「境界線上のホライゾン」全話観ての感想

というわけで、ANIMAXで境界線上のホライゾンが全話放送されましたので、遅ればせながら観ました。

いやあ、久々に見応えのある作品だったと思います。とにかくまずはあまりに膨大な設定に圧倒されますね。そのおかげで、1クールかかって、やっと主要キャラ紹介と序章が終わったに過ぎませんからねえ。こりゃ、いったい何クールやれば終わるのやら。

後、この作品で特徴的なものとして、相対と称するいわゆるディベートが挙げられますが、これがまた良く出来てるんですよねえ。見事に引き込まれてしまいました。

後、個人的に好きなセリフなのが、オリオトライ先生の「がんばれー、がんばれー」なんですよね。なんていうか、先生が温かく見守っている様がすごく良く表現されていると思うんですよねえ。

さて、もう第2期も決定していると言うことでwktkで待っていたいと思います。ていうか、もう私、この作品に惚れ込んでしまいましたので、第2期とケチくさいこと言わず、第3期、第4期と、とことん突っ走っていって欲しいと思います。楽しみに待っています!

|

« アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 | トップページ | 「咲」第9巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「境界線上のホライゾン」全話観ての感想:

« アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 | トップページ | 「咲」第9巻の感想 »