« アニメ版「灼眼のシャナIII(Final)」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「境界線上のホライゾン」全話観ての感想 »

2012年3月30日 (金)

アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想

いまさらながら、AT-Xの再放送でシュタインズ・ゲート全話観ました。

うん、タイムパラドックスものとしてはなかなか見応えのある作品だったと思います。

見終わって、最初に思ったのは「これ、ゲームのマルチシナリオでプレイしていたらもっと面白かっただろうなあ」と、ゲーム版未プレイなのをいまさらながら悔しがりました(^^;;)。

後、これは単なる愚痴なんですが、物語の重要な起点の一つに、紅莉栖が刺された内容のDメールを消さなければならないことに気づく、というシーンがありますが、AT-Xってよく番宣で第1話のシーンを流すのですが、そこでそのDメールを送るシーンを流していたんですよねえ。そのために、頭の中にそのDメールを送るシーンがこびりついていて、そのDメールを消さなければならないことに気づくシーンより前にすでに私の中では気がついていてしまってたんですよねえ。この辺は残念でした。

まあ、劇場版制作決定ということで、公開されたら是非見に行きたいと思います。

|

« アニメ版「灼眼のシャナIII(Final)」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「境界線上のホライゾン」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想:

« アニメ版「灼眼のシャナIII(Final)」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「境界線上のホライゾン」全話観ての感想 »