« 劇場版「ストライクウィッチーズ」の感想 | トップページ | アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 »

2012年3月30日 (金)

アニメ版「灼眼のシャナIII(Final)」全話観ての感想

ついに、このアニメも終了してしまいましたね。

特に、この第3期はシリアス一直線で観ているこちらとしても緊張のしっぱなしでした。

私は、この作品で一番好きなキャラは実はヴィルヘルミナなのですが、彼女が最終回で『「せねば」ではなく「しよう」と思えた』というセリフを言ったときは、本当に感動しました。彼女の行動原理には常に義務感が存在していたと思うんですよ。でも、このセリフによって、その義務感から解放されたように感じられて、すごく嬉しかったです。

さて、この壮大なストーリーもついに完結してしまい、寂しいところですが、今は余韻にひたっていたいと思います。

|

« 劇場版「ストライクウィッチーズ」の感想 | トップページ | アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「灼眼のシャナIII(Final)」全話観ての感想:

« 劇場版「ストライクウィッチーズ」の感想 | トップページ | アニメ版「シュタインズ・ゲート」全話観ての感想 »