« TBS版(京アニ版)「Kanon」全話観ての感想 | トップページ | 「はつきあい」第1巻の感想 »

2010年12月13日 (月)

OVA版「うたわれるもの」全話観ての感想

というわけで、AT-XでOVA版「うたわれるもの」全話放送されましたので、観てみました。

うん、なかなかの出来だったと思います。というか、ぶっちゃけ某東鳩2OVAより良い出来なような(^^;;;)

第1話はフミルィルの話。これはゲーム版にあったエピソードで、ベースストーリーには直接関係はしないんだけど、屈指の名エピソードであり、そう言う意味ではまさにOVAでやるのにうってつけでしたね。観て、泣いてくださいの一言ですね。

第2話はカムチャタールの話。これは第1話とはうって変わって完全コメディでしたね。まあ、無難な話だったかと。

第3話はトウカの話。実は、私トウカ大好きなんですよねえ。この話でもトウカの空回りするところをコメディタッチで表現しており、且つトウカのかっこいいところもちゃんと魅せていて、そう言う意味で、トウカらしさを存分に出していた話だったと思います。個人的にお気に入りの話です。

|

« TBS版(京アニ版)「Kanon」全話観ての感想 | トップページ | 「はつきあい」第1巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OVA版「うたわれるもの」全話観ての感想:

« TBS版(京アニ版)「Kanon」全話観ての感想 | トップページ | 「はつきあい」第1巻の感想 »