« 「咲」第7巻の感想 | トップページ | アニメ版「Working!!」全話観ての感想 »

2010年5月20日 (木)

「なきむしステップ」第2巻の感想

「なきむしステップ」第2巻を読みましたので、感想です。

今巻は、ヒロイン奈々ちゃんの心の成長を描く物語でしたね。中学生らしさが良く表現されてて、これはこれで良かったとは思うのですが、正直なところ、奈々ちゃんと広和の恋愛模様をもっと見たかったので、そういう意味ではちょっと残念でした(まあ、確かにカザマ先生の言うとおり、第1巻の時点で一区切りはついているのですがね)。

しかし、カザマ先生は本当に魅力的な表情を描きますなあ。もう、決めるべき所で、本当に的確に私の心をズキューンと射抜くような印象的な表情を魅せてくれるんですよねえ。もうキャラの気持ちがビンビン伝わってきて、思わずホロリと涙がこぼれるんですよねえ。

さて、ひとまず大団円ですが、カザマ先生もある意味チャレンジした作品だったと仰ってますので、そのチャレンジを生かし、これからもどんどんステップしていろんな作品を我々読者に魅せて欲しいと思います。楽しみに待っています。

|

« 「咲」第7巻の感想 | トップページ | アニメ版「Working!!」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なきむしステップ」第2巻の感想:

« 「咲」第7巻の感想 | トップページ | アニメ版「Working!!」全話観ての感想 »