« 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」を観ての感想 | トップページ | 「true tears」全話観ての感想 »

2010年2月14日 (日)

「プリンセスチュチュ」全話観ての感想

というわけで、プリンセスチュチュを全話観てみました。

うん、すごく良く出来ている凝った作品だと思いました。さすがは、佐藤順一監督といったところでしょうか。

後半部のクライマックスの盛り上がりはものすごく、そして最終話での「花のワルツ」で最高潮を迎えるところなんか、すごく良かったです。

そして、今作品は上記「花のワルツ」を筆頭に、数々のクラシックの名曲をふんだんに用いているところが特長で、クラシックファンにはたまらない趣向だったと思います。

ただ、強いて言えば、場面の制限上仕方のないことかとは思いますが、曲をぶつ切りにされてしまったのが残念でしたね。特に、私はチャイコのロメジュリが大好きなのですが、それが非常にぶつ切りのつなぎ合わせにされていたのが、ちょっと気持ち悪かったですね。

後、話の構成としては、ちょっと冗長だった感じもしますね。特に前半クールの「王子の心の欠片集め」と後半クールの「黒王子の心臓集め」の単話が多すぎたような気がしますね。それぞれ、3話ずつぐらい削って、全20話ぐらいにすれば、すっきりまとまって、もっと良い構成になったのではないかと思います。まあ、無理な話なのは分かりますが。

でも、基本的には良作だと思いますし、クラシックファンの方なら、より一層楽しめる作品だと思いますので、未見の方は是非一度ご覧になってみて下さい。

|

« 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」を観ての感想 | トップページ | 「true tears」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プリンセスチュチュ」全話観ての感想:

« 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」を観ての感想 | トップページ | 「true tears」全話観ての感想 »