« アニメ版「WHITE ALBUM」第26話&全話の感想 | トップページ | 「ちょこっとヒメ」第7巻の感想 »

2010年1月12日 (火)

アニメ版「とある科学の超電磁砲」第14話の感想

第12話でレベルアッパー編終了かと思いましたが、この第14話で一種の後日談が語られましたね。

うん、良い意味で補完していて良かったと思います。先生達も良いこと言ってましたしね。

しかし、田村ゆかりさんは相変わらず全開バリバリですなあ。(^^;;)

後、佐天と太っちょのフラグが立ったかと思って、ちょっとビビリましたよ。(^^;;)

しかし、今話を何で直後の第13話に持ってこなかったんですかねえ?あの水着話を挟まなきゃ行けない理由も特には無かっただろうし、それにただでさえ年末年始で一週休止も入っちゃったのに。まあ、好意的にみれば、第12話のテンションを少し冷まして、じんわり攻めたかったって感じなのかもしれませんね。

|

« アニメ版「WHITE ALBUM」第26話&全話の感想 | トップページ | 「ちょこっとヒメ」第7巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「とある科学の超電磁砲」第14話の感想:

« アニメ版「WHITE ALBUM」第26話&全話の感想 | トップページ | 「ちょこっとヒメ」第7巻の感想 »