« アニメ版「宙のまにまに」第3話の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第14話の感想 »

2009年7月27日 (月)

「咲」第6巻の感想

うわわわわ。

5巻とは一変して、ものすごい気迫が感じられる6巻でしたね。

読んでて、すごくドキドキしました。

麻雀の内容も、随所に織り交ぜられたエピソードも素晴らしくて、個人的に大満足でした。

言いましたように、今巻では、チームメイトとの触れあいのエピソードが随所に織り交ぜられてましたが、それを読んで、今さらながらに感じたのですが、この作品で一番成功しているところは「点数持ち越しの団体戦」にしたところなんですよね。麻雀は基本的には4人の各個人が戦うゲームなのですが、今作品では「点数持ち越しの団体戦」にしたことによって、その個人の背中にチームメイトの思いがのっかっているという要素が入ってくるんですよね。そして、ついに大将戦も佳境を迎えたことによって、ここまでつないできた仲間の思いがものすごく現れてくるんですよね。さながら、駅伝のアンカーのように。そして、特に日本人は高校野球なり駅伝なりチームの戦いの美に感動する人種ですので、そういう意味で、この「点数持ち越しの団体戦」という設定は我々日本人読者に非常にマッチしているものだと思います。

さて、その麻雀の内容や織り交ぜられたエピソードや小ネタ(しかも今巻はエロネタ満載ですな)などに対して一つ一つ感想を言っていったら、キリがないので、ここでは書きませんが、とにかく全てが良かったです。感動した!(^^;;)

|

« アニメ版「宙のまにまに」第3話の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第14話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「咲」第6巻の感想:

« アニメ版「宙のまにまに」第3話の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第14話の感想 »