« 「ちょこっとヒメ」第6巻の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第10話の感想 »

2009年7月 7日 (火)

アニメ版「神曲奏界ポリフォニカ crimson S」全話観ての感想

いやあ、まあ、なんつーか非常にオーソドックスでしたね。

いわば、本当に教科書通りというか、至って普通の出来でした。

そのおかげで、特にこれといったひねりも見られず、ただただ淡々と観させていただいたと言ったところですね。

それでも、前作よりはマシというところが悲しいところですが。

あ、そういえば、これだけは言わせていただくと、EDテーマはもうちょっと何とかならなかったですかねえ。普通の話の時ならば別に構わないのですが、クライマックスに向かっていくにつれて、話が緊迫していくわけですが、せっかく緊迫したテンションでうまく次回へのヒキも持たせつつ、次話につづくに持っていっても、あの緊迫感のないEDテーマを聴いてしまうと、とたんに気が抜けちゃうんですよねえ。まあ、こういうのっていろんな作品で観られる現象なんですがね。

|

« 「ちょこっとヒメ」第6巻の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第10話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「神曲奏界ポリフォニカ crimson S」全話観ての感想:

« 「ちょこっとヒメ」第6巻の感想 | トップページ | アニメ版「咲」第10話の感想 »