« アニメ版「君が望む永遠~Next Season~」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「咲」第8話の感想 »

2009年6月22日 (月)

アニメ版「AIR」全話観ての感想

うーん、さすがの出来でしたねえ。原作・脚本を始め、画も、演出も、音楽も全てがお見事としか言えませんね。

総じて見ても、佳乃編、美凪編、観鈴編と全12話できれいに無駄なくまとまっていたと思います。

「姉妹愛」、「家族愛」、いろんな愛に満ちあふれている物語でした。でも、そこに「恋愛」がなかったのがちょっと物足りなかったと言えば物足りなかったかもしれませんね。そこら辺が「Kanon」と一線を画すところですかね。

いやあ、しかし、久川綾さんの演技には鳥肌ものでしたね。もう、これでもかこれでもかと私の心をギュウギュウに締めつけてくれました。

もう素晴らしいと言うしかない作品ですので、未見の方は是非ともご覧になって下さい。

|

« アニメ版「君が望む永遠~Next Season~」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「咲」第8話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「AIR」全話観ての感想:

« アニメ版「君が望む永遠~Next Season~」全話観ての感想 | トップページ | アニメ版「咲」第8話の感想 »