« アニメ版「WHITE ALBUM」第6話の感想 | トップページ | アニメ版「WHITE ALBUM」第7話の感想 »

2009年2月24日 (火)

アニメ版「Canvas2~虹色のスケッチ~」全話観ての感想

ェェェェエエエェェェェ 結局、エリスかよお。

それはあまりに雑すぎません?もっと話の組み立て、盛り上げってものがあるでしょう。

ここまであっさりひっくり返されると、あきれるというか興冷めというか・・・せめて、エリスのためにまた絵を描き始める程度に抑えておけば・・・それか、結局エリスに持ってくんだったら、ちゃんと数話前から準備を持って入念にエリスへの想いを募らせはじめる描写をもっと表現しておかないと。これじゃ全然緻密さがありません。

まあ、とりあえずそのことは一旦置いておくとして、話全体としてみても、やっぱり浩樹・エリス・霧の三角関係のメインストーリーが間延びしていましたね。

確かに原作がゲームなので、各サブヒロインの単話も織り交ぜたい気持ちも分かるのですが、そこは涙を飲んで削ってでも、1クールで浩樹・エリス・霧の三角関係に話を絞って、テンションを維持して欲しかったですね。

そうですねえ、例えば

エリス登場&霧との再会 -> エリスの告白 -> 柳登場 -> 霧の再告白 -> フィナーレ

をベースとして、後は余裕があれば、サブキャラを混ぜるって感じの方が一本筋の通った三角関係物として、もっと楽しめたかと個人的には思います。

うーん・・・でも、やっぱ、エリスはねえだろう・・・・・・・・

|

« アニメ版「WHITE ALBUM」第6話の感想 | トップページ | アニメ版「WHITE ALBUM」第7話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「Canvas2~虹色のスケッチ~」全話観ての感想:

« アニメ版「WHITE ALBUM」第6話の感想 | トップページ | アニメ版「WHITE ALBUM」第7話の感想 »