« 「魔法少女リリカルなのは Strikers」を全話観ての感想 | トップページ | 「CIRCLEさ~くる」第2巻の感想 »

2008年12月31日 (水)

「ひだまりスケッチ」第4巻の感想

いやあ、ビックリしました。

まさか、ゆの達が進級して、ひだまり荘に新入生が入ってくるとは。

それで、この新入生達がまたかわいいんですよねえ。特になずなちゃん。もう抱きしめたくなります。(*^^*)

また、話の観点から見ると、これで話の展開のバリエーションがふくらんだ気がしますね。

これまでは、ゆの&宮子 <-> ヒロ&沙英のキャッチボール的展開が主だったのですが、これに乃莉&なずなが加わったことにより、トライアングル的なキャッチボールが期待でき、話の幅が広がりそうで楽しみです。

まあ、最初新入生を見たときに、登場人物が増えることによって、一人一人の影というか重みが減っちゃうかなあと危惧していたのですが、最後まで読んでみると、新入生があっさりと溶け込み、六人でも十分各個人の存在感が保たれていて、杞憂に終わりそうで良かったです。やっぱり、これまで培ってきた話の中で、ゆの達四人の個性が十分表現されていたので、新入生二人が加わったくらいでは、その個性は揺るがないと言うことなんでしょうかね。そういう意味では、むしろマンネリというと聞こえは悪いですが、新しい刺激を入れる意味で、この時点で新キャラとして新入生を入れるという決断は良かったのではないかと思います。

後は、ちょっとの出演でとても残念でしたが、有沢さんがとても良かったですね。むしろヒロ&沙英とは違った立ち位置、例えば学校内でしか会えない存在、としてゆののお姉さんになってあげられるキャラだったので、もっと卒業前からたびたび登場させてゆのと絡ませてあげても良かったんじゃないかと思いました。まあ、大学生になっても、ゆのと絡ませられそうな雰囲気ですので、是非ゆのを導く一人として有沢さんの今後の登場を期待したいと思います。

p.s.夏目の話はちょっと笑っちゃいましたね。まあ、夏目らしいというか。でも、こういう話を見てしまうと、やっぱり夏目には素直になって欲しいですかね。でも、それだとキャラが立たなくなっちゃうかもしれませんが。(^^;;;)

|

« 「魔法少女リリカルなのは Strikers」を全話観ての感想 | トップページ | 「CIRCLEさ~くる」第2巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひだまりスケッチ」第4巻の感想:

« 「魔法少女リリカルなのは Strikers」を全話観ての感想 | トップページ | 「CIRCLEさ~くる」第2巻の感想 »