« @nifty投票『ラブひなはこの辺で大団円を迎えてれば良かった』結果発表! | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第6巻(最終巻)の感想 »

2008年12月 1日 (月)

「なきむしステップ」第1巻の感想

私、「ちょこっとヒメ」の感想にも以前から書いていましたように、カザマ先生の人間恋愛物が読んでみたい読んでみたいと言っておりましたが、本日たまたま本屋に行って、眼に入ったのがこの作品でして、ついにキターーーーーーーと喜び勇んで早速購入し、あっという間に読んでしまいました。

いやあ、期待通りの素晴らしい出来でした。カザマ先生の持ち味は、やはりキャラの魅力的な表情なわけですが、それが今作品では余すところ無く発揮されていましたね。

とにかくヒロイン奈々を筆頭に各キャラそれぞれが本当に表情豊かで、もうその表情一つでズバっとキャラの心情が心に伝わってくるんですよね。

で、恋愛物の内容としても、意外や意外(ちょっと失礼ですかね。)、すごくオリジナリティを感じました。男性作者が描くラブコメ物とは一線を画していて、何というか、やはり視点・恋愛観が女性的なんですかね。そのせいか、私が男性であるというのと同時に、男性作者が描くラブコメ物に慣れてしまっていたせいもあるのか、ストーリー展開がその時々にする予想と全然違っていて、そう言う意味でも、すごく新鮮な感覚で読ませていただきました。それで、読み終わった後には、恋愛って言うのは、本当に自分の心、相手の心に向き合わざるをえない物なんだなあとしみじみ考えさせられました。

さて、これから彼女らがどんなステップを歩んでいくのか、次巻以降も楽しみに待っていたいと思います。

|

« @nifty投票『ラブひなはこの辺で大団円を迎えてれば良かった』結果発表! | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第6巻(最終巻)の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なきむしステップ」第1巻の感想:

« @nifty投票『ラブひなはこの辺で大団円を迎えてれば良かった』結果発表! | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第6巻(最終巻)の感想 »