« 「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の感想 | トップページ | 「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」全話観ての感想 »

2008年10月 9日 (木)

「キミキス pure rouge」全話観ての感想

というわけで、AT-Xで全話放送されましたので、感想でも。

うーーーーーーーーーん、惜っしいーーーって感じですね。

ダブル三角関係という一本筋の通ったベースストーリーがちゃんとあり、クライマックスもちゃんと収めて大団円で(結美ちゃんにはかわいそうだったけど)、その点は良かったとは思うのですが、、、そのベースストーリーを肉付けする点があまりうまくなかったかなと思いました。

肉付けとしては、例えば甲斐の存在だったり、摩央姉ちゃんの引っ越しだったり、映画撮影だったり、結美の転校だったりとふんだんに要素はあったはずなのに、それらがうまく生かされていなかったように思います。

例えば映画撮影なんか、現実の光一側の三角関係と非常にダブらせやすいのですから(詳細は語られていないので実際にはわかりませんが)、ここらをもっと表に出して、光一の苦悩をガンガン出したらもっと盛り上げられたのではないかと思います。ていうか、あそこまで撮影したんだったらせめて上映内容ぐらい見せてくれても良かったのでは!?

つまり何というか、それらの肉付け要素はベースストーリーを盛り上げる相乗効果を生み出していなく、ただそこにポツネンとあるだけという感じになってしまったように思うのです。そうつまり、その肉付け要素とベースストーリーであるダブル三角関係がほぼ完全に別の話として切り離されている感じがして、結果としてベースストーリーが浮いてしまって、何というか細い感じに見えてしまったんですよね。

その結果、クライマックスに行くまでが、何かぽっかりと話が空いてしまった感じがして、一種冗長というか悪く言えばチンタラしている感じをなおさらに感じましたね。で、ダダダダダっとクライマックスに一気に突入してしまったので、何かあっけにとられてしまったという感じがしたのもありましたね。

そう言う意味では、ダブル三角関係を一気に片づけるのではなく、片方ずつ片づけていっても良かったのではないかと思います。特に一輝側の三角関係は学園祭と無理にダブらせる必要はなかったのですから、先に一輝側を片づけて、話を少し盛り上げておいて、そのまま学園祭で光一側のクライマックスという展開も有りだったのではないかと思います。

何か、長文になってしまいましたが、要するに、もっとストーリー構成を計算して、もっと肉付け要素を演出としてベースストーリーを盛り上げるようにくっつけていって、それによりクライマックスへと段々と盛り上がって、とどめの学園祭と行ってくれてれば、全24話通してもっともっと楽しむことが出来たのではないかと言うことです。そこら辺が残念でした。

p.s.ところで、個人的には前半EDの「♪こ~われそ~うで~」っていう入りがすごく大好きだったので、後半EDに変わってしまったときはちょっと残念だったのですが、まあ確かに前半EDは恋心の始まり、そして後半EDは三角関係などの恋の辛さを表現するのにぴったりの選曲だったので、まあ良いかということで。(^^;;;)

|

« 「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の感想 | トップページ | 「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キミキス pure rouge」全話観ての感想:

« 「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の感想 | トップページ | 「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」全話観ての感想 »