« 「スケッチブック~full color's~」全話観ての感想 | トップページ | 「キミキス pure rouge」全話観ての感想 »

2008年10月 2日 (木)

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の感想

久々に、全37巻読破しましたので、感想でも。

うん、やっぱり素晴らしい作品ですね。何度読み返しても感動出来ます。これだけの長編でありながら冗長かつ無駄な話は無く、本当に読み込ませてくれますよね。本当にこれでもかというくらいドラマの目白押しで、にくいよこのうって感じですね。

そして、この様々な魅力的なキャラクター達が意志を持って大いに動き回るのも漫画化の醍醐味ですよね。やっぱりゲームの中では、なかなかこのようにストーリーを動かすわけにはいかないですからね。

そして、やっぱりこの作品、外せないのはポップの存在ですよね。おそらく作者自身もここまで魅力的なキャラクターに育つとは思っていなかったのではないでしょうか。ポップはすごく人間くさくて、読者が非常に感情移入しやすかったキャラクターだったと思います。素晴らしい作品は、脇役が充実しているというまさに典型例ですね。

何度も言ってしまって申し訳ありませんが、本当に本当に素晴らしい作品ですので、大長編ですが、ドラゴンクエストをプレイしたことある方はもちろんのことプレイしたことがない方でも十分楽しめますので、是非多くの方々に読んでいただきたい作品だと思います。

|

« 「スケッチブック~full color's~」全話観ての感想 | トップページ | 「キミキス pure rouge」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の感想:

« 「スケッチブック~full color's~」全話観ての感想 | トップページ | 「キミキス pure rouge」全話観ての感想 »