« 漫画版G.A.3rd 第5巻の感想 | トップページ | 「ロケットガール」全話観ての感想 »

2008年7月17日 (木)

D.C.II S.S.全話観ての感想

うん、良かったと思いますよ!

Kanonを彷彿とさせるせつないストーリー展開で、かつ最後も大団円で見事に堪能しました。特に、朝倉姉妹のあまりに見事な号泣っぷりに観ているこちらの心がギュッとつかまされてしまいました。

ただ・・・強いて言えば、中盤で朝倉姉妹との恋愛面をもっと突っ込んだところまで持っていっていれば、クライマックスはもっともっと盛り上がって、もっとストーリー全体を通して素晴らしい作品になったかと思います。

つまりなんというか、今作では、中盤までは微妙な恋心を表現していったために(まあそれがD.C.らしいといえばらしいですが)、クライマックスが急に来たって感じになっていたように感じました(まあ、それでも十分良いとは思うのですが)。むしろ個人的には中盤でいわば燃え上がる展開にしてテンションアップしておけば、クライマックスでの容赦のない展開から最後の大団円までテンションを維持したまま突っ走れてすごく良い仕上がりになったのではないかと感じました。

でも、久々に安心して観られる(安心してって言うと、ちょっと語弊がありますが、話に入り込んでって感じですね)作品だったと思います。また機会があるときに改めて観直したいと思います。前半部であるD.C.IIは・・・どうしよっかな?(^^;;;;;)

|

« 漫画版G.A.3rd 第5巻の感想 | トップページ | 「ロケットガール」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D.C.II S.S.全話観ての感想:

« 漫画版G.A.3rd 第5巻の感想 | トップページ | 「ロケットガール」全話観ての感想 »