« 「ちょこっとヒメ」第4巻の感想 | トップページ | 「OVA版 To Heart2」全話観ての感想 »

2008年5月29日 (木)

「ちっちゃな雪使いシュガー」全話観ての感想

AT-Xで特別編含めて、全話放送されましたので感想でも。

本当に素晴らしい作品だったと思います。サガとシュガーをはじめとして全てのキャラが素直に心の思うままそのままに動いていたので、私の心に直接届き響きました。キャラが喜んだり、悲しんだり、怒ったり、楽しんだり・・・・一つ一つが打算的な物が一切無く、ダイレクトにありのまま表現されていたので、こんなにも私の心を感動で揺り動かしてくれたのだと思います。

本当に大人から子供まで幅広く観ていただきたい作品だと思います。とても心が優しくなり、視聴後のすがすがしさと言ったら、これ以上無いくらいです。

地上波放映当時は確か、この作品を夜中に放映するなんて・・・という意見を耳にしましたが、今こうやって全話観てみますと確かにその通りだったと思います。なんで、こんなに幅広い世代に観てもらいたい作品を朝にやらないんだと!

何か言葉でこの作品を語ろうとすればするほど、陳腐になってしまう気がしますので、とりあえず私の稚拙な感想はこのくらいで、、とにかく多くの方に観て感じていただきたい作品だと思います。本当にありがとうございました。

|

« 「ちょこっとヒメ」第4巻の感想 | トップページ | 「OVA版 To Heart2」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ちっちゃな雪使いシュガー」全話観ての感想:

« 「ちょこっとヒメ」第4巻の感想 | トップページ | 「OVA版 To Heart2」全話観ての感想 »