« 「ひだまりスケッチ」第3巻の感想 | トップページ | アニメ版「かのこん」第1話の感想 »

2008年3月20日 (木)

シゴフミ&アニメ版「あずまんが大王」を観ています。

最近、AT-Xでシゴフミとアニメ版「あずまんが大王」を観ているのですが、

シゴフミは・・・うーん、シゴフミって発想はすごく新鮮で扱いやすくおもしろいネタだとは思うのですが・・・なんでこーも救いようのない現代世相を反映したネタばっかりなんでしょうかねえ。(まあ、それを扱いたいんでしょうねえ。)。シゴフミというネタ自体は汎用性も高いので、もっとドラマティックな・・・うーん、例えば映画のゴーストみたいなロマンティックなものとか、いくらでも感動的な使い方はあると思うんですけどねえ。

何というか、松岡由貴さんの明るいキャラのおかげで何とか観られるって感じで、これで松岡さんいなかったら、ほんと鬱になりそうな内容ですよね。

アニメ版「あずまんが大王」は・・・まあ、単に漫画版がそのまんまアニメで動いていると言えばそれまでなんですが、強いて言えば各話の構成がキャラ別になっているのが特徴ですかね。例えば、今回は榊のネタばっかりチョイスしているとか、次回は神楽のネタばっかりとか。まあ、確かに時間軸をあまり気にする必要のない作品ですから、ある程度漫画版で描かれていれば、それを再構成して各キャラごとにまとめてしまうのも有りですよね。(それにそれの方が、声当ても楽でしょうし。(爆))

後は、なにげに声優も豪華だし、特筆すべきはOP&EDテーマを歌っている「Orange & Lemons」ですよね。ユニットメンバーの伊藤真澄さんと上野洋子さんは共に歌唱力抜群・声質に特徴もありつつ似ているので、ハーモニーも抜群ですごく聴き惚れてしまいますよね。もっといろんな作品のテーマ曲で使われて欲しい、もとい、もっともっと大々的に活動して欲しいユニットですよね。

|

« 「ひだまりスケッチ」第3巻の感想 | トップページ | アニメ版「かのこん」第1話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シゴフミ&アニメ版「あずまんが大王」を観ています。:

« 「ひだまりスケッチ」第3巻の感想 | トップページ | アニメ版「かのこん」第1話の感想 »