« 「CIRCLEさ~くる」第1巻の感想 | トップページ | 「ウエルベールの物語」第2幕第1話観ての感想 »

2008年1月28日 (月)

「ウエルベールの物語」第1部全話観ての感想

第2部スタートする前に、もう一度第1部を通して観ておこうと思いまして、観ました。

で、通して観ると、良く出来た作品だなあと改めて思いました。何というか、それぞれのキャラが無理なく、すごく自然に動いているんですよね。それによって話の流れに違和感を感じることなくスムーズに観れて、結果として一話一話が、あれ?いつの間にか終わり?と言うくらい入り込むことが出来たんですよね。

全13話で観ても無駄な話が無く(強いて言えば、訴状盗難の話が蛇足と言えば蛇足ですが、あれは逆に息抜きというかコーヒーブレイク的な話として良いタイミングだったと思います。むしろ好印象ですね。)、通してみるとそれこそ本当に堪能出来ました。

この作品は今時の派手派手・ウケ狙いなものは一切無く、人間ドラマ一本勝負で攻めており、つまらないと感じる人もいるかもしれませんが、私はこの作品はすごく面白く観られました。やっぱり、派手ウケなくても、話がしっかりしていれば、面白いんだと言うことを久しぶりに感じさせてくれたしっかりとした作品だったと思います。

まあ、強いて言えば、ちょっと展開がご都合主義的なところもありましたが、キャラの動き・心情、そしてストーリー展開・演出・カメラワーク等総合的に観て、十分楽しめる作品だったと思います。

第2部も楽しみに観てみたいと思います。

|

« 「CIRCLEさ~くる」第1巻の感想 | トップページ | 「ウエルベールの物語」第2幕第1話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウエルベールの物語」第1部全話観ての感想:

« 「CIRCLEさ~くる」第1巻の感想 | トップページ | 「ウエルベールの物語」第2幕第1話観ての感想 »