« 「エル・カザド」全話観ての感想 | トップページ | @nifty投票『声優キャラソン究極の選択!』結果発表! »

2007年12月 6日 (木)

アニメ版「神曲奏界ポリフォニカ」全話観ての感想

というわけで、AT-Xで放送されましたので全話観ました。

・・・うーん、反精霊同盟の存在をもっと最初の方に伏線として出しておくべきだったのではないでしょうか。そうすればこれが骨子というかベースストーリーとなって、その上に「人と精霊の関係」や「神曲とは?」などを序盤から積み重ねるようにうまく表現していけたのではないかと思います。そして、それらの問いかけを与えておけば中盤でのアカツキの話もより一層活きたのではないかと思います。

今回の構成だと、序盤は何だかよくわからないけど、単なるちょっと良い話し的なエピソードの羅列に過ぎなくて、そこにアカツキの話を交えた「人と精霊の関係」の一つの問いかけが出されますが、それでもその段階では単なる一エピソードに過ぎず、最後にクリスタと精霊爆弾が出ることによって、やっと今作品で取り上げたかったテーマが現れたように感じました。そう言う意味で、私はストーリー構成が良くなかったのではないかと思いました。

後は・・・やっぱり画ですかねえ。ほぼ全話に渡って崩れていたように感じます。

そして・・・これは非常に酷な要求なのは分かっておりますが・・・神曲と普通の曲の違いが全然表現出来てないんですよねえ。まあ、これを表現出来たらその音楽担当の方は大作曲家になるわけですが。(^^;;;)そういう意味では、ノベルの方が良いというか楽ですよね。読者が神曲を想像するしかないわけですから。まあ、こればっかりはどうしようもないですよねえ。それを承知でアニメ化しているわけでしょうしね。

|

« 「エル・カザド」全話観ての感想 | トップページ | @nifty投票『声優キャラソン究極の選択!』結果発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「神曲奏界ポリフォニカ」全話観ての感想:

« 「エル・カザド」全話観ての感想 | トップページ | @nifty投票『声優キャラソン究極の選択!』結果発表! »