« G.A.II「無限回廊の鍵」リコ編クリアの感想。 | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」カトリーヌ編クリアしました。 »

2007年11月 4日 (日)

漫画版G.A.3rd 第4巻の感想

さて、今巻ではマジーク編及び新キャラのミモザ編でしたね。

マジーク編は・・・うーん、正直ちょっと物足りなかったでしたかね。確かにマジョラムルートで行かない以上、ここでディータの呪いのカタを付けておかなきゃいけなかったのでしょうが、ちょっとあっさりしちゃいましたかね。まあ、ここを盛り上げてしまうと安心してリコルートに行けなくなってしまうので、しょうがないですかね。でも、ここも素材が良かっただけにやや残念ですね。

そして、新キャラ&オリジナルストーリーのミモザ編ですが、こちらもちょっと消化不良ですかね。ブレイブ・ハート計画とは?古代のエンジェルとは?ミモザと当時のキー・パーソンの関係とは?いろいろと興味深い内容を含んでいただけに、もっとじっくりとやって欲しかったですね。まあ、こちらはなーんとなく今後の展開でも絡んできてくれそうな感じがするので(時空の扉を開けるなんてまさに伏線ですからね。)、それを期待したいと思います。

後は、やっぱり、リコ・マジョラム・カズヤのトライアングル(スクエア?)ですかね。まあ、すでに何となく解決に向かっている感じですが、もっとモメてくれても良かったかも。(^^;;)そういえば、これってそれぞれミルフィー・蘭花の直系(違)と考えると、初代G.A.トライアングルの再現とも言えるかもしれませんね。

しかし、ここんとこG.A.II作品が立て続けに出てくれてるおかげで、たっぷりと堪能させてもらってますなあ。(*^^*)

|

« G.A.II「無限回廊の鍵」リコ編クリアの感想。 | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」カトリーヌ編クリアしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画版G.A.3rd 第4巻の感想:

« G.A.II「無限回廊の鍵」リコ編クリアの感想。 | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」カトリーヌ編クリアしました。 »