« フタコイオルタ第3話「エメラルドマウンテン ハイ」の感想 | トップページ | 「ヴァンドレッド」の感想 »

2007年8月 5日 (日)

「ウエルベールの物語」を途中まで観ての感想

AT-Xで「ウエルベールの物語」という作品を観ているのですが、

何というか、ものすごく硬派な作品ですね。いわゆる西洋風歴史戦争物(ほんのちょっとファンタジー風味)なのですが、視聴者に対して変にウケを狙わず媚びず、ひたすらまっすぐに人間ドラマを描いていってますね。いわゆる今時の、おおげさハデハデウケ狙い、とは一線を画しており、一世代前を感じさせられる所が逆に新鮮さを感じますね。

的確とは言えないかもしれませんが、何となくロードス島戦記に似た匂いを感じますね。

というわけで、エンターテイメント性はほとんど無いのですが、じっくりと人間ドラマを楽しみたい方にはお勧めかもしれません。(ただ、おおげさな展開もないので、非常にシンプルなノンフィクション的なドキュメンタリーな感じと言っても良いかもしれませんが。)

今後もじっくりと観させていただきます。

|

« フタコイオルタ第3話「エメラルドマウンテン ハイ」の感想 | トップページ | 「ヴァンドレッド」の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウエルベールの物語」を途中まで観ての感想:

« フタコイオルタ第3話「エメラルドマウンテン ハイ」の感想 | トップページ | 「ヴァンドレッド」の感想 »