« すたチャンX「双恋」&「フタコイ オルタナティブ」を見始めて | トップページ | 「ウエルベールの物語」を途中まで観ての感想 »

2007年7月29日 (日)

フタコイオルタ第3話「エメラルドマウンテン ハイ」の感想

うあああああああ。

もう、せつないを通り越して鬱な感じにさせられてしまいました。

追憶そして過去への羨望・後悔。セピア色に染まったノスタルジックな演出で容赦なく盛り上げ、どんどん気持ちを落ち込ませてくれました。そこに救いはなく、ただただ淡々と終わりを迎えます。

時間は巻き戻せない。ただ、これだけを痛感させられる、私のように年を喰ってしまったおじさんには非常に辛い内容でした。いや、これはさすがに観返すのには勇気が入りますよ。

しかし、まあなんと「双恋」とは全く異なった作品であることよ。

|

« すたチャンX「双恋」&「フタコイ オルタナティブ」を見始めて | トップページ | 「ウエルベールの物語」を途中まで観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フタコイオルタ第3話「エメラルドマウンテン ハイ」の感想:

« すたチャンX「双恋」&「フタコイ オルタナティブ」を見始めて | トップページ | 「ウエルベールの物語」を途中まで観ての感想 »