« アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 | トップページ | サクラ大戦漫画版第7巻の感想 »

2007年6月29日 (金)

「神様家族」全話観ての感想

アニマックスで、「神様家族」が再放送されましたので、これを機に全話観ました。

うん、王道的な幼なじみ三角関係ものでしたね。全13話三部構成で前半は久美子編、中盤は愛ちゃん編、そして後半は久美子再会編とストーリー構成もわかりやすく良かったと思います。

ただ・・・演出面の方に目を向けますと、キャラの心情の扱い方がちょっと雑だったかなと思います。正直、佐間太郎・テンコ・久美子それぞれの想いの移り変わり方に?マークがでるところが所々にありました。

また、クライマックスでシリアスシーンにギャグっぽい感じが混ぜ込まれましたが、個人的にはこういうのは頂けないんですよねえ。まあ、シリアス一辺倒で重苦しくしたくないというのはわかるのですが、もうちょっとやり方があるような気がしました。

後は・・・せっかく神様家族という設定があるのですから、もうちょっと視聴者を唸らせるような設定の活用が見られると良かったと思います。正直言って、物語の本筋自体には神様という設定がほとんど生かされていないように思います。

まあ、それでもストーリーとしては明瞭で、かつどんでん返し的に楽しませてくれる要素もありますので、機会がありましたら一度ご覧になることをお勧めします。

|

« アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 | トップページ | サクラ大戦漫画版第7巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神様家族」全話観ての感想:

« アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 | トップページ | サクラ大戦漫画版第7巻の感想 »