« 「ちょこっとヒメ」第2巻の感想 | トップページ | アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 »

2007年5月25日 (金)

「咲」第2巻の感想

早速出ましたね。というわけで、読みました。

う~~ん。良いんです、とても良いんですよ・・・でも、ちょっともったいない感じがするんですよねえ。

今巻から魅力的なライバルが多数登場し、同時に和の真骨頂など味方メンツの個性が存分に出てきましたが(そのおかげで咲はお留守番でしたが(^^;;))、それぞれが非常に軽くさらっといっちゃってるんですよねえ。たぶんに決勝まではさらっといって、決勝でこれでもかと魅せつけるつもりなのでしょうが、、それでも、もっともっと最初からじっくりと展開していって欲しかったですね。こんなに惹きつける要素満載なんでしたら。正直予選一回戦で今巻を消化しても良かったのではないかと思います。

麻雀部分自体は第1巻よりも楽しめましたね。より明快になっていると思います。

でも、こんなに魅力的なキャラを見せつけられたからには、本当に次巻が楽しみです。

p.s.天江衣はなあ・・・もっとコワイ系が個人的には良かったなあ。

|

« 「ちょこっとヒメ」第2巻の感想 | トップページ | アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「咲」第2巻の感想:

« 「ちょこっとヒメ」第2巻の感想 | トップページ | アニメ版「ひとひら」全話観ての感想 »