« 「ネギま!? neo」第1巻の感想 | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第3巻の感想 »

2007年4月14日 (土)

「咲」第1巻の感想

今日、本屋で物色していたらこの本の表紙が眼に飛び込んで来ました。

正直、電撃が走りました。つ・・・ついに、萌えはここまで来たのかと・・・気が付いたら手に取っていました。

で、早速読んでみましたが、女の子がかわいすぎる・・・(*^^*)そして、おもしろい。麻雀の内容自体は、少しわかりにくく説明に物足りないところもあるんですけど、それを補って余りある惹きつけるものがあるんですよね。それは画だったり、表情だったり、コマ割りだったり、演出だったり。一気に読んでしまいました。

いや、この作品アニメにしたらすごく映えて、ウケるんじゃないかなあ。一気にファンになっちゃいました。次巻以降も楽しみにしています。

|

« 「ネギま!? neo」第1巻の感想 | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第3巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「咲」第1巻の感想:

« 「ネギま!? neo」第1巻の感想 | トップページ | 漫画版G.A.3rd 第3巻の感想 »