« 「アニコン」第2巻(最終巻)の感想 | トップページ | アニメ版「ゼロの使い魔」全話観ての感想 »

2006年12月29日 (金)

「ひだまりスケッチ」第2巻の感想

続けて、「ひだまりスケッチ」第2巻を読みました。

うん、さらに磨きがかかってきましたね~。本当に温かくなります。何ていうか・・「小さな幸せ」っていうのかな、、を感じさせられるんですよねえ。この作品を読んでると。

冒頭の描き下ろしカラーなんか、内容としてはたいしたことはないんだけど、絶妙のコマ割り&演出で見事に作品の世界観を表現しているんですよね。うん、この描き下ろしカラーは是非是非是非!アニメ版でもやってほしいですね。

そして、巻末にある完成したゆのの絵。もう完璧な演出ですよね。一本取られました。まいりました。

次巻も楽しみに待っていたいと思います。あ、もちろんアニメもですね。(^^)

|

« 「アニコン」第2巻(最終巻)の感想 | トップページ | アニメ版「ゼロの使い魔」全話観ての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひだまりスケッチ」第2巻の感想:

« 「アニコン」第2巻(最終巻)の感想 | トップページ | アニメ版「ゼロの使い魔」全話観ての感想 »