« 「ちょこっとヒメ」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第2巻の感想 »

2006年12月29日 (金)

「アニコン」第2巻(最終巻)の感想

というわけで、やぶうち優先生の「アニコン」第2巻(最終巻)が発売されましたので、読みました。

・・・・うーん、ちょっとやっつけ感がありましたね。正直言って、テーマの焦点がいまいち定まっていない感じがしました。「理一とまあちの恋」なのかそれとも「オタクとは?」というところを表したかったのか、ちょっとブレている感じがしました。

まあ、でも「オタクって別に特別なものじゃない」という結論を表現するという意味では、こんな風にノリで行ってしまう方がむしろ有りなのかもしれませんかね。掲載誌読者層を考えても。

|

« 「ちょこっとヒメ」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第2巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アニコン」第2巻(最終巻)の感想:

« 「ちょこっとヒメ」第1巻の感想 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第2巻の感想 »