« キミキス(なるみ&摩央ナカヨシ編クリア) | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」ナノナノ編クリアしました。 »

2006年10月 1日 (日)

「GA芸術科アートデザインクラス」第1巻の感想

というわけで、きゆづきさとこ先生の「GA芸術科アートデザインクラス」単行本第1巻が発売されましたので、早速読みました。

しかし、ほんときゆづきさとこ先生は底知れないですよね。「棺担ぎのクロ」とこの作品という全く対照的な雰囲気の作品を並行して描けるわけですから。それでいてどちらの作品も見事な出来な訳です。

この作品を読むと、自分の中学・高校のバカやってた頃を思い出してノスタルジックな雰囲気を味わえます。あの個性的な5人を見てると、あの輪の中に入ってみたくなります。ちょっと幼すぎな所もありますけどね。(^^;;)

そして、シリアスな話もいきなり混ぜ込んでくる辺りも反則気味ですよね。(^^;;)この辺も「棺担ぎのクロ」ばりに魅せつけてくれます。

うん、こんだけ勢いがありまくる作品だったら是非アニメで動きまくる様を見てみたいですね。次巻も期待して待っていたいと思います。

p.s.しかし、この単行本・・・ネタがネタだけに色彩凝りまくりですね。こんだけ入れ込んでも通常価格ですむわけですか。きゆづきさとこ先生及び編集者、印刷所の方に敬意を表したいと思います。

|

« キミキス(なるみ&摩央ナカヨシ編クリア) | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」ナノナノ編クリアしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「GA芸術科アートデザインクラス」第1巻の感想:

« キミキス(なるみ&摩央ナカヨシ編クリア) | トップページ | G.A.II「絶対領域の扉」ナノナノ編クリアしました。 »