« 「アニコン」第1巻の感想 | トップページ | ゼノサーガIIIクリアしました。(ネタバレ有り) »

2006年8月17日 (木)

宇宙のステルヴィア中盤の感想

というわけで、第19話「なきんぼおこりんぼ」まで観ました。

なるほど、前半でしーぽんを学生の頂点に持っていって中盤で光太との差を浮き彫りにするわけですか。

しかし、第19話「なきんぼおこりんぼ」の見事な出来にはうなりました。ヒロインカルテットが素晴らしかったですね。野中さん・松岡さん・折笠さん・田中さん全てが完璧な演技で畳み込むような勢いでした。なんていうか・・・年頃の女の子っていう微妙な感じをうまく表現していましたね。最後のアカンベーなんか、してやられたって感じでしたね。(^^;;)

とどめに「こんぺいとうの雨」を降らせるなんて、ほんと演出上手ですね。魅入ってしまいました。ただ・・・ちょっと気になったのが晶や弥生がボロ泣きするって言うところにちょっとだけ違和感が。もうすこしタメというかイベントが欲しかったですね、説得力を付ける意味では。・・・まあ、時間制限があるからですかね。

さて・・・いよいよ後半戦。どのような展開が待っているのか。楽しみに待っていたいと思います。

|

« 「アニコン」第1巻の感想 | トップページ | ゼノサーガIIIクリアしました。(ネタバレ有り) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙のステルヴィア中盤の感想:

« 「アニコン」第1巻の感想 | トップページ | ゼノサーガIIIクリアしました。(ネタバレ有り) »