« 「WORKING!!」第2巻の感想 | トップページ | 「ほのかLv.アップ!」第1巻の感想 »

2006年6月29日 (木)

宇宙のステルヴィア前半の感想

とりあえず第12話「こくはく」までキッズステーションで観ましたので、簡単に前半戦の感想でも。

いや、かなり良いですね。内容自体はそんなに特筆することはないのですが、それを補う画や間やセリフや演出がとても素晴らしいですよね。例えば第12話「こくはく」では、しーぽんと光太が町田初佳に問いただすシーンでの一瞬のうつろな初佳の表情や、お嬢と初佳の会話のシーンでの、「怪我させようとしたあなた、助けようとしたあなたがいたように、許せない私と、許そうとする私がいる」というセリフなどは素直に、おおっ、とうなりました。

後は、グレートミッション前日に夕日をバックにしたアリサとしーぽんの会話のシーンなんかぐっと心を打たれましたね。

うん、本当にこういうところが充実してると話を盛り上げますよね。

|

« 「WORKING!!」第2巻の感想 | トップページ | 「ほのかLv.アップ!」第1巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙のステルヴィア前半の感想:

« 「WORKING!!」第2巻の感想 | トップページ | 「ほのかLv.アップ!」第1巻の感想 »