« 宇宙のステルヴィア第1話の感想 | トップページ | まほらば第11巻の感想 »

2006年4月15日 (土)

「棺担ぎのクロ。懐中旅話」第1巻の感想

たまに読む本誌の方で、気になっていた作品が単行本になったので、まとめて読んでみました。

もうその個性的な素晴らしいセンスに驚きです。こういう話を作れるセンスが純粋にうらやましいと思いました。作者のきゆづきさとこ先生はどんな人なんだろう・・・と話の奥にある作者自身を想像してしまうほど、独創的な作品だと思います。

初作品ながら、すでに豊富な人生経験を歩んできたと思わせるその個性。ある種化け物ですね。きゆづき先生の今後の作品も要チェックさせていただきます。

もう陳腐な言葉でしか感想が書けない自分にヘコみます。この作品を自分の言葉で表現することが出来ませんので、とにかく、皆さん是非読んでみてください!

|

« 宇宙のステルヴィア第1話の感想 | トップページ | まほらば第11巻の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「棺担ぎのクロ。懐中旅話」第1巻の感想:

« 宇宙のステルヴィア第1話の感想 | トップページ | まほらば第11巻の感想 »