« 魔法先生ネギま!第14巻の感想 | トップページ | 単行本「お湯屋へようこそ」の感想 »

2006年4月30日 (日)

サクラ大戦漫画版第5巻の感想

今巻は、アイリス編な訳ですが・・・

これまで通り、ゲームと同様の展開だなあと読み進んでいったら・・・突然の驚愕の展開!もうびっくりしましたよ。ここで、「アイリスの過去」を持ってくるとは!確かにこの展開も十分アリだよなあと素直に感嘆しました。いや、むしろゲーム版の「コドモとオトナ」よりこちらの展開の方が個人的には好みです。

ただ・・・クライマックスがどうなるかによって評価は分かれますかね。ゲーム版の「コドモとオトナ」の方は大神が良い役を演じてましたが・・・今回の「アイリスの過去」ではどうなるのか?小鳥を治癒することによってアイリスが自分の霊力の使い方に気づいたことで、立ち直らせてしまうのか?はたまた、羅刹との戦いで大神が見事な役回りを演じてみせるのか?これで評価が変わってきますね。正直、小鳥だけでは話として弱いと思っています。(まあ、みんなのピンチでアイリス出撃はミエミエの展開ですが。(^^;;;))

話も良いところで終わってますし、早く6巻が読みたいです~。

|

« 魔法先生ネギま!第14巻の感想 | トップページ | 単行本「お湯屋へようこそ」の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラ大戦漫画版第5巻の感想:

« 魔法先生ネギま!第14巻の感想 | トップページ | 単行本「お湯屋へようこそ」の感想 »