« アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 | トップページ | 天地無用劇場版「遙かなる想い」の感想 »

2006年1月 7日 (土)

アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想

うん、良かったです。

特に無駄な話もなくコンパクトにまとまっていて、かつテーマが「真紅 vs 水銀燈」と「ジュンの心の成長」と明確に打ち出されていて、非常に観やすいアニメでした。

もし挙げるとすれば、一つは、ジュンの引きこもりの理由をもっと序盤にちょっとでも出してくれてると良かったかと思います。序盤のジュンは視聴者の共感を得にくいキャラだと思いますので、序盤で見限ってしまうもったいない人も出てしまうおそれがあるのではと感じました。

もう一つは巴ですかね。このキャラはもっと使ってあげられたら良かったなあと思います。例えば、「かずきの両親」と役回りを交換しても良かったかもしれないかと。

でも、総じて観てやはり良作と言っていいかと思います。

|

« アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 | トップページ | 天地無用劇場版「遙かなる想い」の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想:

« アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 | トップページ | 天地無用劇場版「遙かなる想い」の感想 »