« アニメ版「ああっ女神さまっ」を18話まで見ての感想 | トップページ | アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 »

2006年1月 4日 (水)

アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想

あー、うーーーーん。ユルユルでしたねえ。個人的にはもっとシリアス展開をやってほしかったんですけど・・・・うーん、まあこれはこれで有りなんですかねえ。まあここまで徹底してユルユルにしてくれれば、それはそれで納得はいきますかねえ。

後、挙げるとすれば、「ウルドの天使」の話は待ってましたのウルド単話でしたねえ。予想通り、とても個人的に大好きな話でした。

逆に・・・「蛍一の女性化とベルダンディーの病気」の話が珍しくアラが目立ちましたかねえ。ベルダンディーが天上界と連絡が取れなかったのか、特にスクルドがベルダンディーの様子が気にならなかったのか?などですか。ちょっと気になりました。

まあ、前の感想でも書きましたが、久々に良作を観させていただいたと思います。安心してお薦めできる作品だと思いますので、是非いろんな方に観ていただきたいと思います。第2シーズンも制作決定らしいので、今から楽しみです。(^^)

|

« アニメ版「ああっ女神さまっ」を18話まで見ての感想 | トップページ | アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想:

« アニメ版「ああっ女神さまっ」を18話まで見ての感想 | トップページ | アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 »