« アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 | トップページ | カレイドスターTV版全51話の感想 »

2006年1月21日 (土)

天地無用劇場版「遙かなる想い」の感想

久々に観たので、感想を。

いやあ、かなりアダルティな感じでしたね。いや、エロいって訳じゃなくて(いや、エロいか・・・)内容もですね。これ、中高生には早すぎるというか、いろんな恋愛を重ねてきた人向けというか。そう言う意味では前作の「in LOVE 1」の方が中高生向きでしたね。

内容で言うと、特に問題はないのですが、個人的には遥照の想いをもっと取り上げて欲しかったですね。裏付け的に遥照とハルカのかけおちに至るまでのシーン等絡めて、より取り上げてくれれば、遥照が最後の最後までためらっていた想いがより伝わってきたのではないかと思います。

また、魎呼と阿重霞ですが・・・いい女でしたねえ~。もうビシバシ来ました。やっぱり恋する女は強いですよねえ。

とても良い作品ですので、多くの方に観ていただきたいと思います。(ただ、テレビ版やOVA版などによる登場人物や世界観の基礎知識は必要ですが。。。)

p.s.そういえば、天地&ハルカは蛍一&ベルダンディーですね。(^^;;;)

|

« アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 | トップページ | カレイドスターTV版全51話の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天地無用劇場版「遙かなる想い」の感想:

« アニメ版「ローゼンメイデン」全話の感想 | トップページ | カレイドスターTV版全51話の感想 »