« アニメ版To Heart2 第13話&全話通しての感想 | トップページ | アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 »

2006年1月 3日 (火)

アニメ版「ああっ女神さまっ」を18話まで見ての感想

キッズステーションで一挙放送されているので、とりあえず18話まで見ました。

完成度の高さに驚きです。これOVAって言われても信じますよ。

作画の乱れは全くと言っていいほど無いし、BGMも文句なしの出来です。ストーリーも文句なしの安定さで、久々に安心して見ていられるアニメだと思いました。

実は原作の方はちゃんと読んだことはないのですが、このアニメ版のように基本的に骨となるベースストーリーは存在しないまま、ある意味単話形式で進んで言っているのでしょうか?

ここまででは、個人的には「恵とスクルドのロボット対決」とか「長谷川のカート出場」(育江さん最高。)の話が好みですね。後はウルドの単話があると良いですねえ。

後6話、このまま単話形式で行くのか、それともクライマックスが待っているのか、楽しみに待っていたいと思います。

p.s.OPテーマを聴いて、曲調がサクラ3のEDテーマに近いなあと思っていたら、作曲が案の定、田中公平さんで思わず笑いました。

|

« アニメ版To Heart2 第13話&全話通しての感想 | トップページ | アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「ああっ女神さまっ」を18話まで見ての感想:

« アニメ版To Heart2 第13話&全話通しての感想 | トップページ | アニメ版「ああっ女神さまっ」19話以降の感想 »