« 今日のUO | トップページ | D.C.S.S. 第12話「初音島のWスター」の感想 »

2005年9月10日 (土)

XENOSAGA THE ANIMATIONの感想

改めて通して観たので感想でも。

基本的にEPISODE Iを忠実に再現した内容。
でも、シオンとキルシュヴァッサーにかなりスポットを当ててましたね。

後、個人的に興味深かったのは、やはりバージル。
むっちゃ良いやつになってましたね。(^^;;)

ていうか、あそこまで生かしておいたのなら、
是非エンセフェロン・ダイブでのフェブロニアとの再会シーンを作って欲しかった!!!
(それしか理由が思いつかなかったんですけど、ていうか
 結局なんであそこまで生かしておいたのかと。クライマックス
 直前にKOS-MOSが兵器というテーマを持ってきたかったのかな?)

後は・・・やっぱり作画ですかねえ。
荒れてるとこ多すぎ。特に戦闘シーンが絶望的。
ここら辺がちゃんとしてればDVD買っても良いんですけどねえ。

表現はやはりソフトでしたね。そのため、あの独特感が出ませんでしたね。
まあ、ゲーム版のえぐい演出まで忠実に再現してたら、いくら深夜枠でも
抗議殺到かな?(^^;;;;)

|

« 今日のUO | トップページ | D.C.S.S. 第12話「初音島のWスター」の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XENOSAGA THE ANIMATIONの感想:

« 今日のUO | トップページ | D.C.S.S. 第12話「初音島のWスター」の感想 »